276/28タンDong Hoa,Binh Tri Dong,Binh Tan(シンガポール)、ホーチミン市
通信サービスDPS通信サービスDPS

処理状況をフルディスク/tmp/In CyberPanel

デフォルトでは、OpenLiteSpeed軒のディレクトリに/tmp/lshttpd/スワップ店舗一時ファイルです。 場合は、パーティションの/tmpの小さいときに、ディスクの場合、バグが全体のVPS

この概要の移動フォルダに入れ替えのOpenLiteSpeed.

新規フォルダ作成のための入れ替えディレクトリのOpenLiteSpeed:

フォルダを作成する:

mkdir-p/lswstmp/lshttpd/スワップ


権限設定:

chmod 750 /lswstmp/lshttpd

 

chmod 700 /lswstmp/lshttpd/swap


割り当て所有権

chown-R nobody:nobody/lswstmp/lshttpd


へのアクセスの管理インターフェイスOpenLiteSpeed:

住所:

https://your-server-ip:7080/login.php


ない場合アカウントパスワードをリセットのコマンド:

/usr/local/lsws/admin/misc/admpass.sh


ログイン後、マイページに設定サーバー:

サーバ設定→一般
サーバプロセスの値を変更する ディレクトリに入れ替え

デフォルト値から

/tmp/lshttpd/スワップ

都市

/lswstmp/lshttpd/スワップ


再起動OpenLiteSpeed:

利用のwebインタフェースまたはSSHコマンド:

 systemctl再lsws


これらの手続きの温度ディレクトリのOpenLiteSpeedの仕切りは大きなスペースのため、充填のディスクに、パーティションの/tmpます。


を取得しようとする者に対してのRAMをドライブ仮(tmp)、高速化を実施してください以下の手順:

フォルダーを作成しRamdiskコマンドを使ってください:

須藤mkdir-p/mnt/ramdisk


マウントramdiskと記憶容量1GB:

須藤mount-t tmpfs-oサイズ=1G tmpfs/mnt/ramdisk


このコマンドを作成しramdisk一時的なもので、容量1GB.
設定Ramdisk自動的にマウントで起動:

追加の設定を/etc/fstabにramdisk自動的にマウント毎にシステムのブランド。
コマンドを使ってください:

echo'tmpfs/mnt/ramdisk tmpfs nodev,nosuid,noexec,nodiratime、サイズ=1G0 0'|sudoティ-a/etc/fstab


このラインに追加するファイル/etc/fstabのシステムが自動的に作成やマウントのramdiskのオプションを指定します。

選択:

サーバ設定→一般
サーバプロセスの値を変更する ディレクトリに入れ替え

デフォルト値から

/tmp/lshttpd/スワップ

都市

/mnt/ramdisk


再起動OpenLiteSpeed:

利用のwebインタフェースまたはSSHコマンド:

 systemctl再lsws

これらの手順を作ることができます駆動時(一時ディスク)のRAM、高速データ処理の影響により一時的に高速のRAMに比べて伝統的なハードディスクこれは特に必要とするアプリケーション速度の加工データを迅速に、webサービスやアプリケーションデータベースです。 しかし、このデータをRAMは失われますが、システムの停止または再起動で用のものをご使用ください一時ファイルです。


Để bổ sung một cronjob dọn dẹp ổ đĩa tạm vào 3h sáng hàng ngày, bạn có thể thực hiện các bước sau:

Tạo một tệp script (logscleaner.sh) với nội dung:

nano logscleaner.sh

Nếu sử dụng disk thêm dòng sau:

find /lswstmp/lshttpd/swap -type f -delete


Nếu sử dụng RAM thêm dòng sau:

find /mnt/ramdisk/ -type f -delete


Gán quyền thực thi cho script:

chmod +x logscleaner.sh


Thử chạy script để kiểm tra:

sh logscleaner.sh


Thêm cronjob vào crontab:

crontab -e

 

0 3 * * * sh /root/logscleaner.sh


Script này sẽ tự động chạy vào lúc 3 giờ sáng hàng ngày để dọn dẹp các tệp tạm thời trong ổ đĩa tạm, giúp giảm thiểu tình trạng đầy đĩa.

前の投稿 前の投稿
新しい投稿 新しい投稿
0 0 投票
購読
通知の
guest
1 コメント
最古
最新 投票
インライン提
すべてのコメント
Anh
Anh
1 month ago

CHo mình hỏi, sau khi chuyển sang /lswstmp/lshttpd/swap thì mình xóa /tmp/lshttpd/swap không gây lỗi gì nhỉ?

jaJapanese